ITパスポート取る意味ない!1週間でアイパスを取る勉強法とは?

ブログ

こんにちは、ハロゲンです!

 

最近、ITパスポート試験を受けて

1週間全力で勉強して、

合格することが出来ました!

 

ということで、

これから、ITパスポートを受ける人の役に立つため、

 

・1週間でどのような勉強をしたのか?

・どのような教材を使ったのか?

・本当に意味があるのか?

 

を簡単に紹介したいと思います。

 

スポンサー

ITパスポート取る意味ない!

 

そもそもITパスポートの説明をすると、

 

iパスは、ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。
具体的には、経営戦略、マーケティング、財務、法務など経営全般に関する知識をはじめ、セキュリティ、ネットワークなどのITの知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験です。
ITを正しく理解し、業務に効果的にITを利活用することのできる“IT力”が身につきます。

ITパスポート試験公式ホームページから引用  https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

ようは、IT系の基礎知識を付けられる国家資格です。

 

しかし、はっきり言って国家資格であろうと、

基礎知識だけであって、

実践で使えるようなものではありません。

 

もし、実践的なものを学ぼうと思ったら、

より深く学ばないと意味がないと思います。

 

僕も受けてみた思ったのですが、

はっきり言って、

「役に立たないなー」というのが印象です。

 

また、知ってて当たり前のことなので

就職に有利になることもないらしいです。

 

つまり、僕の見解としては、

そこまでして

ITパスポートを取る意味はないということです。

 

ですが、これから学校や会社で必要で取る必要がある

方がいると思うので、

僕が1周間でやった勉強法や

会場の雰囲気を書いていこうと思います。

 

スポンサー

使った教材

キタミ式イラストIT塾ITパスポート(平成31/01年)

(情報処理技術者試験) [ きたみりゅうじ ]です。

 

この本は、大体400ページ位で

文字だけの参考書とは違い

イラストが豊富だったのでとても読みやすかったです。

 

ですが、

人によって好みがあると思いますので

実際に自分の手に取って読みやすい本を買うのをおススメします。

 

それに加えて

演習用でやったのが


ITパスポート過去問道場

ITパスポート過去問道場です。

 

これは過去10年分の過去問が無料で解くことができます。

 

解説が雑なところもありますが、

ユーザ登録すれば今まで解いた問題で

 

どの問題が苦手だとか何回解いたとか分かるので

過去問演習する時にはおススメです。

 

ちなみに、ユーザ登録は、簡単で

無料ですぐに登録できます。

 

自分の実力を知る上で、かなり役立つので、

もし、試験を受けるつもりなら、

やってみることをおすすめします。

 

ITパスポート過去問道場

スポンサー

勉強方法

 

僕の場合、1週間で取るという

目標を先に決めました!

 

こうすることで自分を追い込み

勉強をさせるためです。

 

そして、闇雲に勉強してもダメだと思ったので

計画を練りました。

 

・4日で本読み終わる

・その後は、ひたすら過去問道場で問題を解く

 

という計画です。

 

本の読み方は、普通の読み方で

読みながらマーカーで大事なところをチェックしながら

ざっと読んでいきました。

 

もちろん計算をするところは理解しながら。

 

章ごとに軽い練習問題があるんですけど

それも解いていきました。

 

練習問題では、

30秒ぐらい考えて答えが分からなかったら

すぐ答えを見ました。
(時間がなかったのもあるんですが)

 

すると、一日3時間くらいで

目標通り4日で読み終えることができました!

 

そして本を読み終わった後は、

過去問道場で
電車通学中とかちょっとした空き時間でも
解いて解いて
解きまくりました。

 

過去問を解き初めた時は所見の問題で
正答率40%ぐらいでした。

 

でも、やはり問題を解くごとに

徐々に正答率も伸びてって

60%超えるぐらいまで行きました。(試験前日)

 

問題演習も別に特別なことをせずに

問題をとき終わったあとに

過去問道場のやり直す機能

で間違えた問題が正解になるまで解きました。

 

いやそれでも試験前日に合格ラインギリギリ

ってやばいですよね。

 

でもなんとか

試験の結果は、

 

合格でした!

 

まあこんな感じで

見事合格したんですけど、

僕がした勉強法をまとめると

 

・参考書をざっと読んで頭に入れる

・過去問をときまくり知識を定着させる

この時、間違えた問題が正解になるまでやる

 

だけです。

 

皆さん役に立ったでしょうか?

 

役に立ったのならうれしいです。

 

試験場は、どんな感じ?

 

試験場は、場所によって違うと思いますが

僕が受けた場所は、一つの机に一台のパソコンがあり

前に板があり前を見ることができないような配置でした。

 

画面は、予め説明とか注意が書いてありました。

 

試験自体は、マウスであっていると思われる選択肢に

マークする形式で、僕は、使い慣れてなかったマウスなので

使いづらかったです。

 

あと、わからない問題がある時には、

回答がずれるのに注意したほうが良いです。

 

僕は、途中の問題でずれて

気づいたから良かったですが

気付かなかったらやばかったです。

 

試験結果は、試験終了後すぐに

集計されて見ることができ

合格証とかは、2ヶ月後ぐらいに送られてきます。

 

これが、ざっくりとですが

試験会場や試験結果の流れです。

 

感想

僕は1週間でこの資格を取りましたが

1週間で取るメリットは本当にないので

自分の生活リズムに合わせて

勉強してみてください。

 

あと謎に意識高く

「何か役に立つ資格取りて―」みたいな感じで

この試験を受けたんですけど

正直なことろ今後役に立つとは感じませんでした

まあIT系の基礎知識の資格ってこともあると思いますけど、、、

 

就職活動とかでもIT系に行くなら

知ってて当然の知識なので有利に

なるってことはないらしいです。

 

まあ、基礎知識がなくてIT系に興味がある人なら

受けてもいいんじゃないかと思います。

 

すこしは、IT関係についての知識は付きますし

勉強にはなると思います。

 

逆に、「僕みたいに時間があるから資格取ってみよー」という

人にはお勧めしません。

はっきり言って時間とお金の無駄です。

 

単純に受験料と本で約8000円ぐらいしますし

落ちてもっかい受けようものなら

また5700円かかります。

 

そんな軽いノリで受けるなら

他のものにお金と時間を使った方が良いですよね。

 

あと受験日をあらかじめ決めといた方がいいと思います

その方が目標に向かって勉強しますし、

勉強計画も立てやすいです。

 

もし、計画を予定通りにしたい方がいたら

以下の記事が参考になると思います。

 

あなたは、計画をコントロールできてる?計画通りにする簡単な3つの方法

 

ではでは!

 

参考文献